神田ロータリークラブ
HOME
ロータリークラブとは
東京神田ロータリークラブ概要
活動内容
最近の卓話
寄稿
リンク
例会について
例会は、ロータリーの活動の基本となる重要なもので、神田ロータリークラブでは毎週木曜日、ホテルグランドパレスを会場として開催されています。
例会は午後12時30分に開会し、食事をしながら、会長あいさつ、幹事報告をはじめ、出席ゲスト、来賓、他クラブのメンバーの紹介や、必要に応じて各委員会より報告や依頼事項があります。
午後1時より30分間は卓話の時間となっており、毎回魅力あるゲストのスピーチがあります。
例会には、ほとんどの会員が皆出席しておりますが、どうしても自分のホームクラブ(ここでは神田クラブ)の例会に出席できないときは「メイクアップ」という制度があり、前後2週間の間に他クラブ例会に出席し、そのとき渡されるメイクアップカードを提出すれば出席扱いとなります。
また、病気や海外への長期間の出張の場合は、所定の手続きを行えば欠席とはなりません。
例会の模様
ロータリークラブ100周年記念旅行 愛・地球博にて
卓話について
フルートとハープの調べロータリークラブでは、例会のときに30分間の卓話が行われます。
卓話には、@イニシエーションスピーチ(新入会員が、自己紹介の意味で、生い立ち・ビジネス・趣味などを話します)、A会員が紹介する外部有識者による卓話、B会員卓話の3つがあります。外部の卓話者のお話は、さまざまな分野にわたっており、会員としてみずからをみがく何よりのチャンスです。
また、会員卓話は、ロータリアンとしての知識の啓発や、会員同士の相互理解に欠かせないものです。
親睦活動委員会
クラブ会員間の親睦を深め、連帯感を醸成するため、各種行事、レクリエーション、同好会活動を推進しています。
KRG親睦ゴルフ会
にぎやかに年忘れ家族のつどい
社会奉仕活動
地元小学生を神田古書店街見学に招待
留学制度・派遣と受け入れ
ロータリークラブの国際性を活かしての交換留学生、奨学生制度は幅広い青少年が国際社会にはばたいてゆく大きなステップとなっており、またその受け入れや派遣を通じてロータリアンの家族ともども国際交流の機会に恵まれています。
次世代を担う青少年育成のための奨学生制度支援もクラブの活動の大切な柱になっています。
ロータリー財団奨学生(タイ/一戸曹佑さん)
最近の留学生・奨学生

米山奨学生
2002〜
  2003年
受入
ワッニイアラッチィゲ・アマルピリア・ラジカさん
スリランカ
2002〜
  2003年
受入
徐 聖旭さん
韓国
2004〜
  2005年
受入
許 皓捷さん
台湾
2005〜
  2006年
受入
プラーディットセンランシー・スチャートさん
タイ
2006〜
  2007年
受入
王 嶺さん
中国
青少年交換留学生
2002〜
 2003年
受入
マデレン・ラップバーガーさん
オーストリア
2006〜
  2007年
受入
デボラ・テンさん
マレーシア
2006〜
  2007年
派遣
一戸 曹佑さん
タイ